スマホ説教 スマホで福音

日本キリスト教団王子北教会 http://romantischeironie.wix.com/godisnowhere から福音を発信します。スマートフォンなどの画面でも読めるような、なるべく短い、キリスト教のメッセージを語れたらいいなと思います。

息も絶えだえに

聖書 出エジプト記6章9節(新共同訳)

モーセは、そのとおりイスラエルの人々に語ったが、彼らは厳しい重労働のため意欲を失って、モーセの言うことを聞こうとはしなかった。

意欲を失うことは息/魂の不足*1。息も絶えだえ、心は枯れ果てて。神の言葉さえ響かない。

ネットの荒野をさまよった末、このひと言へたどり着いて。今や息も絶えだえなら、この文字は一滴の水にもならないだろうか。

主よ、息を継がせる言葉をください。この文字を追ううつろな目、その心に、一滴の水をください。

*1:מִקֹּ֣צֶר ר֔וּחַは「息/魂の不足状態にあって」という意味。

信頼が降りてくる

聖書 創世記15章9~11節(新共同訳)

主は言われた。「三歳の雌牛と、三歳の雌山羊と、三歳の雄羊と、山鳩と、鳩の雛とをわたしのもとに持って来なさい。」アブラムはそれらのものをみな持って来て、真っ二つに切り裂き、それぞれを互いに向かい合わせて置いた。ただ、鳥は切り裂かなかった。禿鷹がこれらの死体をねらって降りて来ると、アブラムは追い払った。

恋人、友だち、家族・・・・誰かを信頼したあとで、その理由は列挙できる。だが、信頼が始まるまえに「この人を信頼できるか?」、その説明はできない。

わたしが信頼するのではない。信頼が、わたしへと降りて来る。

いつ終わるのか分からないことを、延々とやる。アブラムの儀式は、生きることそのもの。だが「これになんの意味が?」という問いからは、彼は自由である。彼は主を信頼しているから。

 

 

しぶみ

聖書 創世記2章7節(新共同訳)

主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

わたしが毎日使っている、このうつわ。この染み、この傷。ああこの欠けたところは、あのときの・・・

うつわは時を刻む。量産であろうが銘品であろうが、このうつわに刻みこまれた時は、このひとつだけ。大切にしたい。割れたら寂しい。

わたしの傷や欠けは、わたしが使われてきた歴史。傷がついても、欠けても、大切にされてきた歴史。

 

清潔な衣

聖書 ヨハネの黙示録7章14節(新共同訳)

そこで、わたしが、「わたしの主よ、それはあなたの方がご存じです」と答えると、長老はまた、わたしに言った。「彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を小羊の血で洗って白くしたのである。」

キリストはわたしの、汗とよごれの下に隠されたひそかな痛みをいっしょに痛むべく、その血を流した。

彼の血はもういちどわたしを真っ白にし、わたしの隠された、わたしが隠そうとしていた痛みを明らかにし、わたしに赤子のごとく泣く自由を与える。

 

首尾一貫が崩れるとき

聖書 マタイによる福音書21章28-29節(新共同訳)

ところで、あなたたちはどう思うか。ある人に息子が二人いたが、彼は兄のところへ行き、『子よ、今日、ぶどう園へ行って働きなさい』と言った。兄は『いやです』と答えたが、後で考え直して出かけた。

なぜ兄は考え直したのか、語られていない。その「なぜ」には、兄自身も、そして誰も答えられない。

「考え直す」は「後悔する」と紙一重*1。「なぜ」に明快に答えられるようなことには、後悔の念は起こらない。

「あのとき『いやです』なんて言うんじゃなかった。なんであの時…」。ぐらついて、迷って、考え直す。そういう迷いや弱さからしか見えてこないものがある。

 

*1:μεταμέλομαιには「考え直す」、「後悔する」のどちらの意味もある。イエスを当局へと引き渡した、ユダの後悔。

「なぜ」が共振する

聖書 コヘレトの言葉3章1~8節(新共同訳)

何事にも時があり/天の下の出来事にはすべて定められた時がある。
生まれる時、死ぬ時/植える時、植えたものを抜く時
殺す時、癒す時/破壊する時、建てる時
泣く時、笑う時/嘆く時、踊る時
石を放つ時、石を集める時/抱擁の時、抱擁を遠ざける時
求める時、失う時/保つ時、放つ時
裂く時、縫う時/黙する時、語る時
愛する時、憎む時/戦いの時、平和の時。

なぜあのとき、泳げるようになったんだろう。

なぜあのとき、自転車は軽やかに滑りだしたのか。

なぜわたしの大切な、たいせつなあのひとは、あのとき死ななければならなかったの。

1日前でも1日あとでも、1分前でも1分あとでもなく。まさにこのときだったのは、なぜ。

微笑むなぜ。切り裂くなぜ。

あなたが「なぜ」と問うとき、神もあなたとおなじ「なぜ」を持っている。

分かるとはべつの仕方で

聖書 マタイによる福音書19章30節(新共同訳)

しかし、先にいる多くの者が後になり、後にいる多くの者が先になる。

信仰は裏切る。わたしのちいさな予想を、いつも裏切る。

信仰は衝きやぶる。わたしのちいさな想いを、いつも衝きやぶる。

わたしの想像できるていどなら、信じる必要はあるか。

「信じたからって、どうなるんですか」と訊かれたならば、

「分からない。だから楽しみなんだ」と答えたい。

先だ後だと分けるのとはべつの世界が、そこには開けている。

分からないことを、分からないままに、ふかくかみしめる。それはいのちを、ぐんぐん掻き分けて行くこと。