読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホ説教 スマホで福音

日本キリスト教団王子北教会 http://romantischeironie.wix.com/godisnowhere から福音を発信します。スマートフォンなどの画面でも読めるような、なるべく短い、キリスト教のメッセージを語れたらいいなと思います。

大人の会話

聖書 ヨハネによる福音書9章20-21,24-25節(新共同訳)

9:20 両親は答えて言った。「これがわたしどもの息子で、生まれつき目が見えなかったことは知っています。21 しかし、どうして今、目が見えるようになったかは、分かりません。だれが目を開けてくれたのかも、わたしどもは分かりません。本人にお聞きください。もう大人ですから、自分のことは自分で話すでしょう。」(中略)24 さて、ユダヤ人たちは、盲人であった人をもう一度呼び出して言った。「神の前で正直に答えなさい。わたしたちは、あの者が罪ある人間だと知っているのだ。」25 彼は答えた。「あの方が罪人かどうか、わたしには分かりません。ただ一つ知っているのは、目の見えなかったわたしが、今は見えるということです。」

大人の会話。それは、自分が言うべきだと思うことは勇気をもって語り、分らないことは分からないと素直に認めること、これに尽きるのかもしれません。

自分のことは自分で話す。当たり前のようでいて、そう簡単にできることではありません。責任をとりたくない。批判されるのが怖い。誰にでもある弱さです。しかし、この目が見えなかった人も、その両親も、イエス・キリストとの出会いのなかで、自分は何を語るべきなのか、何を語るべきではないのか、はっきり態度を決めることができるようになった。相手が誰であっても、ひるむことなく。場の空気に流されずに。

自分が何を知っているのかを知る。そして、相手によって態度を変えることなく、知っていることだけを素直に、のびやかに語る。プライドやこだわりを捨てて、知らないことは、あっけらかんと無知を認める。これが、イエスさまによって解放された人間の生き方なのです。