読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマホ説教 スマホで福音

日本キリスト教団王子北教会 http://romantischeironie.wix.com/godisnowhere から福音を発信します。スマートフォンなどの画面でも読めるような、なるべく短い、キリスト教のメッセージを語れたらいいなと思います。

また空気を読んでしまった・・・・

聖書 ガラテヤの信徒への手紙2章11-12,14節(新共同訳)※一部省略

2:11 さて、ケファがアンティオキアに来たとき、非難すべきところがあったので、わたしは面と向かって反対しました。12 なぜなら、ケファは、ヤコブのもとからある人々が来るまでは、異邦人と一緒に食事をしていたのに、彼らがやって来ると、割礼を受けている者たちを恐れてしり込みし、身を引こうとしだしたからです。14 しかし、わたしは、皆の前でケファに向かってこう言いました。「あなたは…

ケファってペトロのことです。イエスに「たとえ一緒に死ぬことになっても、あなたを知らないなんて言いません!」と言いながら、イエスが逮捕されるや「あ、あんな人知らないよ…」と三回も“否認”してしまった、あのペトロです。今回そのペトロが、また同じ失敗を繰り返してしまった。彼はせっかく決心してやり始めた、ユダヤ人以外の異邦人との食事を、ユダヤキリスト教徒たちの“空気を読んで”やめてしまおうとした。そのことをみんなの前でパウロから糾弾されたとき、ペトロはどんな気持ちだったでしょう───おれってほんっっっとに、成長しねえな・・・・

そもそもこんなペトロだと知りながら、イエスは彼を使徒として遣わしたんです。ペトロ(ケファ)は岩という意味です。イエスはペトロを教会の礎石になぞらえ、彼に天国の鍵を与えるほどに、ペトロを信頼しました(マタイ16:18-19)。その信頼は、イエス自身の十字架と復活の後も変わりませんでした。

わたしはペトロが好きでたまらない。ペトロと友だちになりたいです。ペトロは、反省してはまたしくじってしまう、このわたしと似ている。嫌われるのが怖くて、空気ばかり読んで、ころころ言うことを変えてしまう、このわたしと。そんなペトロを愛し、何度でも赦し、彼がほんとうになすべきことを出来るようになるまで待ち続けた、イエス・キリスト。わたしはそんなキリストを、本気で信じられるんです。